江戸食と酒と旅の話

江戸文化好きライター・花松のブログ

ふぐのおいしさに開眼。下町の老舗「魚直 (うおなお) 」【入谷】

f:id:mamiwa02:20190328195602j:image

東京下町をぶらぶらした週末。

日曜の夕方、入谷へ。

ご飯はどうしようか、バスで浅草に行こうかということになり、バス停までを歩く途中でみつけたのが、ふぐ料理店「魚直 (うおなお) 」。

創業大正2年というし、佇まいも素敵だったので、入ってみることに。

日曜、それもまだ19時前ということで、先客は“ひとりてっちり”をしているらしきおじ様のみ。店内はすべて座敷席。ガスとつながっているまあるいテーブルに座布団がおかれてる。庶民的な純和風の雰囲気だ。

接客しているのは、おばさま2名。

まずはビールと、ふぐ刺しを注文。美しく扇にならべられたふぐ刺し。1枚口へ運ぶび、心地よい歯ごたえを楽しむ。ぺらんとしているのに、うまみがじわじわ、飲み込むのがもったいないくらいの味わいだ。

なんて、えらそうなことを言っているが、ふぐなんてめったに食べないので、うわーこれがフグか!めちゃくちゃおいしいじゃん!!とかなり感動。

ふぐ刺しには皮もついてきて、弾力と旨みを堪能。

続いては煮凝りと日本酒ぬる燗をお願いした。煮凝りは思ったよりしっかりした味わい。もちろん、ふぐ刺しと日本酒のマリアージュも楽しんだ。

ふぐちりは、1人前でもかなりボリュームがあるそうなので、2人で1人前を注文。

自家製らしきポン酢があるのだが、それだけでなく、まずは用意されているだいだいをお椀に絞る。そこに好みの量のポン酢を投入。

鍋のセットは、春菊、豆腐、ふぐ、ととてもシンプル。

まずはアラから煮て、春菊はさっと湯がくだけ。この春菊もとっても美味。ふぐは、1人前なのに、肉厚の切り身や皮がいくつもあって食べ応え満点だ。味はもちろん、文句なし、というか、ここでもまた、そうか、ふぐってこんなにおいしいのね~と感動。

だいだいを絞ったポン酢がなりいい仕事をしている。

彼氏も、親戚の会社の役員会で毎年ふぐを食べるのだそうだが、そこよりもおいしいと言っていた。

続いて、ひれ酒をいただく。ひれ酒もおそらく初体験。マッチを渡されたが、これは、ひれに一瞬焦げ目をつけるためだそう。言われた通りにして、いただきました。

口にふくむと、なんだか、江戸が恋しくなるような(個人的なイメージ)味だぁ。酒好きにしか受け入れられなさそう。もちろん、酒好きだからイケる。ちびちびやるにはもってこいだ。

その後は、雑炊とお新香で〆。

ふぐをめったに食べない私が言うのもなんだが(これからはもっと食べられたらいいなとてもおいしかったから)、「ふぐの良さがよくわからない」という人には、かなりおすすめの店と見た。ふぐのおいしさに開眼するに違いない。

ふぐ以外の一品料理も、蟹つめ、海老塩焼き、貝の刺身とか、うなぎのくりから焼き、など…とても気になる。

気取らずにくつろげる雰囲気なのもすごく気に入った。

ぜひまた再訪したい。

 

f:id:mamiwa02:20190328195609j:image
f:id:mamiwa02:20190328195558j:image
f:id:mamiwa02:20190328195606j:image

 

・魚直 (うおなお)

東京都台東区入谷2-3-2 コンフォート入谷 1F

03-3873-5544

最寄り駅:日比谷線「入谷」・JR「鶯谷

火~日 17:00~22:00(L.O.21:30) 月曜定休

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング